税制改正と働き方改革 まとめ

配偶者控除の制度見直しによって、働き方の選択肢は広がってきています。年収103万円以下に抑えなければいけない、という強迫観念は少し解けたのではないでしょうか?ただ、選択肢を検討するうえで年収の壁、100万、103万、130万の壁を意識する必要があることも分かったと思います。特に130万の壁の影響が大きいことも、世帯収入の逆転現象のグラフで分かったと思います。
また、専門外のため詳しい説明は割愛しましたが、保育料や高等学校の授業料無償化も世帯収入と関連していますので、お子様がいる方はこちらの影響も無視できません。
突き詰めると非常に複雑であることが分かっていただけたと思いますが、最終的には、「損得」の勘定よりも「今」どのような時間の使い方をしていきたいか、家族との関係性なども考慮したうえで「自分らしい生きたか」を軸に考えることが重要であると思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー