お知らせ

最新情報〜自分で老後の自分の身を守る確定拠出年金〜 No.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このように高齢化社会が進む状況の中で、自営業者の老後は現行の国民年金としてもらえる目安は、昭和17年4月生まれの人手40年間きちんと国民年金の掛金を納めた人で年間の受給額は779,300円です。

夫婦2人で1,586,000円(A)です。

老夫婦2人で生活を送るうえで最低限必要と思う費用の平均額は月22万円、年間2,640,000円(B)です。(生命保険文化センターの調査)

(A)−(B)=1,081,400円不足となります。

札幌の税理士
西村俊二

関連記事

Top