お知らせ

最新情報〜日本のトップの企業から受注の方向にある〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特殊な印刷物の販売を手掛ている社長さんの会社を久し振りに担当者と訪問しました。

春の陽気が漂う日のせいもあってか社長ご夫妻は明るい笑顔で温かく出迎えてくれました。

今期の決算(3月)状況の概要を説明しながら、来期の見通しや抱負を伺いましたところ、日本を代表する二つの企業からの受注依頼がきているとのことで、具体的な説明を受けました。

大型の受注であることから、確かに利幅は薄いが、確実に利益が出ることは間違いないような気がしましたので、受注の方向で検討してみてはと経営者の背中を一押ししました。

ただ、

1.資金繰りの見通しをしっかり立てること。すなわち銀行と短期融資の協議をすすめるように。

2.大企業にあっても 1)人手不足による人件費 2)資材価格 3)輸送コスト等の高騰を慎重に予測するように。

3.仕入業者から仕入原価についても上記のようなリスクを充分計算に入れて安定供給の確約得るように。

 

とアドバイスをしてきました。

北海道の小企業にも、このような大型の受注が可能になってきたことの変化に少し戸惑いを感じさせられました。

受注が実現できることを期待。

 

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top