お知らせ

最新情報 弊事務所関与先から明るい報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛から結婚(7)

1. 非課税となる結婚・子育て資金とは?
実際に結婚・子育て資金として支出した場合、支払いの事実を証明する資料(領収書等)を金融機関に提出する必要がありますが、非課税となる結婚・子育て資金の範囲も決められています。
2.結婚に際して支払う金銭(300万円限度)

1)挙式費用、衣装代等の婚礼(結婚披露)費用(婚の日の1年前の日以降に支払われるもの)
2)家賃・敷金等の新居費用、転居費用(定の期間内に支払われるもの)

3.子育て(妊娠・出産及び育児)に要する金銭

1)不妊治療、妊婦検診に要する費用
2)分娩費等、産後ケアに要する費用
3)子の医療費、幼稚園、保育所等の保育料など

費用の内容やその取扱い、結婚、子育て資金の範囲に関するQ&Aなどの情報は「内閣府子ども・子育て本部」のホームページに、詳しく掲載されています。
以上をもちまして「恋愛から結婚」に関する紹介は終らせていただきます。
セレブなお母さんの優しい期待に応えるためにも、いつまでも元気で長生き出来るよう嫁(まだ)さん共々親孝行してください。

おわり
札幌の税理士 西村俊二

nishimura20161123

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top