お知らせ

最新情報 弊事務所関与先からの明るい報告を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業績は順調に(2)

先に紹介した某社長が約5年間でこのように成功の道を歩み始めることができたのか、私なりに分析してみました。数回に渡って連載します。
1.強いリーダーシップ
50代に入ってからの独立開業で、どちらかと言えば、難しい仕事の部類に入る広告宣伝を主にしたものでありますが、とにかく人望のある人です、

車関係の一流企業勤務を経験しているのですが、職場では労組の代表者を務めるなど強いリーダーシップの持ち主であること。

nishimura20161028-01

2.強い信念

開業後数年間は生活していくのがやっとの状況にあったようですが、今の仕事が天職と考えあの仕事、この仕事と気を散らすことなく、辛抱強く、コツコツと受注した仕事を誠心誠意尽くしていること。
3.チャンスを逃がさない
私との付き合いが始まって、まもなく私は、公的機関の団体の広報業務を紹介しました。
薄利の仕事ででしたが、正に寝食を忘れて奥さん共々期日迄に間に合わせようと頑張り抜きました。
受注先の役人上がりのトップの厳しい指示に文句一つ言わず忠実に仕事をこなし、トップの信頼を得たのです。

つづく
札幌の税理士 西村俊二

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top