お知らせ

最新情報 セルフメディケーション税制 その3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所得控除金額について

1)対象となるOTC医薬品の年間購入額が12,000円を超える時、その超えた部分の金額(申告者の扶養家族分を含む上限金額8万8000円)が対象になります。
2)対象となる医薬品(医療用から転用された医薬品、スイッチOTC医薬品)についてですが、その成分数は82です。(平成27年12月1日時点)
対象となる医薬品の薬効例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬
ただし上記薬効の医薬品の全てが対象となるわけではありません。成分数82に該当するもののみです。

つづく

札幌の税理士 西村俊二

nishimura20161015

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top