お知らせ

最新情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい最近創業間もない若手経営者から銀行借り入れや資金繰りの相談を受けました。

Q

①公的資金の借り入れ申し込みをしましたが、不調に終わりました。

今回の件から、銀行等からの借り入れは困難であると知人から話を聞きましたが公的金融機関から民間の銀行等へ情報が流されるのでしょうか?

②銀行等のお付き合い(借り入れ)は全くないのですが、借り入れを申し込む場合に気をつけなければならないことは?

③また、保証人もいないし、担保に入れる資産もないのですが、銀行は相手にしてくれるでしょうか?この3点についてお教えください。

Aまず①の件ですが、貴方は銀行等とのお付き合いが全くないとのことですから、公的金融機関からの連絡は一切ないと考えてよろしいと思います。

次ぎに②銀行等のお付き合いははじめてとのことですが、まず貸付担当者は、どのような人物なのかをよく見ます。そして借入の目的や事業計画は適切かどうか、この事業(商売)への投資効果が上がるのか、将来成長する見込みがあるのかどうかを重視します。

そして③ですが、どちらも無くても②での査定で評価が高ければ無保証人、無担保でも借り入れすることはできます。

しっかりと事業計画を立て自身を持って銀行等と交渉して下さい。

札幌の税理士 西村俊二

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top