お知らせ

弊事務所関与先から明るい報告 新年no.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この建築会社が飛躍的に伸びつつあるのは一体何なのか、私なりに解説してみます。
1.まず社長自らフットワーク良く営業に走り廻っていること。
2.目先の利に走らず近い将来を見据えて、この会社からの今回の受注は多少の赤字を覚悟して、でもしっかりやろうとの勇気を持って仕事をしている。従って良い発注業者と良好な関係にあること。
3.社員を大切にしていること。
例えば仕事の都合上深夜から朝まで作業に当たっている社員に心から感謝し、翌朝以降はどんなに多忙でも充分に休みを取らせていること、これが定着率の高さにつながっていること。
4.会社の売上や経費の現状を経理担当者に任せきりではなく、社長自ら把握していること。
5.1〜2年先の確実な工事受注量の見通しを立てていること。などなど。
これからの成長を期待している社長であります。
札幌の税理士 西村俊二

nishimura20170117

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top