お知らせ

少年の主張 平成29年度全道大会 〜支える側の配慮〜 No.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それを実現するには、今よりもっともっと介護職の方の精神的負担の軽減に努め、「この職についてよかった」「利用者の方に会えてよかった」心からそう思えるような環境づくりをすることが必要だと思う。今の介護施設の現状、事実を多くの人に伝えることだと思う。
心身ともに傷つけられる人の苦悩を皆さん知っているだろうか。
その中で毎日笑顔で支え続けている人の痛みを。そして、自分の想いを相手に伝えることのできない認知症の苦しみを。私はそんな事実を知った。だから皆さんに伝える。この国には苦しんでいる介護者が、苦しんでいる認知症の方が沢山いる。そんな人にもっと向き合うべきだ。
支えられる側(介護者など)への理解はもちろん、支える側の配慮も本当に大切なことだと、私は強く強く思った。

あとがき
作品を読んでところどころ端折ってß私なりにまとめてみましたが、意の尽くせない紹介となりましたことをお許し願います。
国の施策に一石を投じることになる手だてを考えさせられました。

札幌の税理士 西村俊ニ

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top