お知らせ

厚生労働省の助成金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜キャリアアップ助成金〜
先月、私(西村税理士)と業務委託契約をしている社労士先生から、厚生労働省は「平成30年度地方労働行政運営方針」を策定しその内容を公表しました。
各都道府県労働局はこの運営方針を踏まえつつ各局の管内事情に即した重要課題・対応方針が示されたとのメールをいただきました。
その中で、中小企業経営者にとって特に関心の高い助成金について重要なものを厚生労働省のホームページを活用し説明します。
キャリアアップ助成金とは
勇気契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正社員か、処遇改善の取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。
労働者の意欲、能力を向上させ、企業の生産性を高め、優秀な人材を確保するためにこの助成金制度のご活用をお勧めします。
私の事務所でも昨年度(平成30年3月31日現在)4名の所員の申請をしました。
2.有期契約労働者等を正規雇用労働者等転換または直接雇用した場合の助成

1)有期➡正規:一人当たり57万円
2)有期➡無期:一人当たり28万5000円
3)無期➡正規:一人当たり28万5000円
(1〜3合わせて1年度1事業所当たりの支給申請上限数は20人まで、また中小企業の場合と生産性向上が認められない場合の金額です)

つづく
札幌の税理士
西村俊二

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top