お知らせ

サラリーマンの節税対策は その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1)給与所得の源泉徴収事務
少し堅苦しい話になりますが、一般的に給料や賃金等の収入以外に所得がない場合が多いので、各人の確定申告を待つまでもなく、給与支払者の下で比較的容易に総合課税できることになります。
そこで給与所得者に対する所得税については。いわゆる源泉徴収制度を採用し、給料や賃金等の支払者が給与を支払う際に、支払額に応じた所得税等をその給与から差し引いてこれを国に納付するとともに年末において年末調整を行い、その年中の給与の総額に対する年税額と給与の支払いの都度差し引いて納付した源泉徴収税等の合計額と対比して、過不足額の精算をすることとし、給与所得者が申告納税をする手間を省くこととしています。
nishimura20160819-01
nishimura20160819-02
2)給与所得の課税標準
①給与所得控除
所得税は、原則としてその年中の収入金額から必要経費の額などを控除した、いわゆる純所得を課税標準として課税するのですが、給与所得については、その年中の給与等の収入金額から給与所得控除を控除した残額(別表参照)を課税標準とすることになっています。
サラリーマンの所得税については、源泉所得税として毎月給料等から差し引かれて国に納付し、月末に過不足を精算することの仕組みが理解できたでしょうか?
ではどうしたら税額を小さく出来るかを考え、実行していくことで、はじめて節税は可能になります。

つづく

関連記事

カテゴリー

投稿一覧

カテゴリー

Top